ユーザ用ツール

サイト用ツール


Sidebar

tag

server:yum-merit

yumとソースインストールのメリット・デメリット

linuxのパッケージ管理「yum」と、各OSSベンダが提供する「ソースコード」。ソフトウェアをインストールするにはこの2つのパターンに分けられますが、どっちがいいんでしょうか。メリット・デメリットを挙げてみます。

yum

  • メリット
    • インストール・アンインストールが1コマンドで実行できる
      • yum install httpd
      • yum remove httpd
    • パッケージがアップデートされているかも簡単にわかる
      • yum check-update
    • とにかく時間がかからない
    • 関連するパッケージもまとめてインストールできる
    • パッケージをインストールしたかどうかも分かる
      • rpm -qa | grep hogehoge
  • デメリット
    • OSによっては最新パッケージを利用できない
      • postgres9.2がリリースされても、fedoraがサポートしなければアップデートできない
    • 新旧バージョンが共存できない
      • php5.3と5.4が共存できない
      • バージョンアップしたくないパッケージがあると、それを除いたパッケージをちまちまアップデートしていく必要がある
    • 使わなさそうな機能までインストールされる
      • 特にPHPは様々なパッケージと関連性があるが、MySQLを使わないのにそれが外せなかったりする

ソース

  • メリット
    • 新旧バージョンが共存できる
    • 使う機能だけインストールできる
    • OSに依存せず最新パッケージ(あるいはダウングレード)が使える
  • デメリット
    • インストールが面倒、アンインストールもコマンド単位ではほぼできない
      • prefixを使って一つのディレクトリにインストールしておき、アンインストールはそのディレクトリを消す方法もある
    • 関連するパッケージをちまちま手動でインストールしなければいけない
      • コンパイルしてはエラー、コンパイルしてはエラーの繰り返し
      • 時間がかかる
    • 逆に、一度ソースでインストールしたパッケージが、次にそれと関連するパッケージをインストールしようとしたとき、強制的にソースでインストールすることになる
      • Apacheをソースでインストールすると、それと関連するSubversionもソースでインストールしなくてはいけない
server/yum-merit.txt · 最終更新: 2013/01/22 14:36 by しんどー