tweetableで読取専用になってしまう件を対処する


Twitter前回「wordpressとTwitterを連動するプラグイン<tweetable>」でインストールしたtweetableですが、なぜか読み込みしかできない!という方が多くいらっしゃるかと思います。便利なプラグインなのでぜひ使いたいですよね。

今回はこれを読み書きできるようにします。

結論から言うとtweetableインストール後、一回Twitterの許可を消して、再度設定する方法を取ればいいんです。開発者用のアプリ設定で読み書きアクセスに変更しただけではダメです。必ずいったん許可を消す必要があります。

普通にtweetableをインストール・設定すると、Twitterのアプリ連携がどうしても読取専用となり、wordpressの更新つぶやきや管理画面からTwitterへ書込みに行くことができません。

どうにかしてTwitterのアプリ連携を読み書きアクセスにできればいいわけで、そのためにはまず許可を消す必要があります。全体としての手順は以下の通りです。

  1. Twitterにログインして「設定」>「アプリ連携」を開く
  2. ブログからの書込み許可を消してしまう
  3. 開発者用の設定画面へアクセスし、ブログからの書込みを「読み書き(Read&Write)」にする
  4. wordpress管理画面からtweetableを再設定する

1. Twitterへログインしてアプリ連携を開く

tweetableを読み書きアクセスにする01まずはご自分のTwitterへログインして「設定」>「アプリ連携」を開きます。

2. ブログからの書込み許可を消す

アプリ連携を開くと、tweetableを設定した時に作ったブログからのアクセス許可があると思います。それを思い切って消してしまいましょう。 心配はいりません、ざくっと消してください。

3. 開発者用の設定画面を開き、ブログからの書込みを「読み書き」にする

tweetableを読み書きアクセスにする02書込み許可を消したあと、すぐ右に「開発者」という欄があります。ここから開発者用の設定画面に行くことができます。

tweetableを読み書きアクセスにする03開発者用の設定画面にもブログからのアクセスについての設定情報が保存されています。ここを読み書きに設定します。

4. wordpress管理画面からtweetableを再設定する

tweetableを読み書きアクセスにする04Twitterのブログ設定を行ったあとはwordpressからtweetableを再設定します。wordpress管理画面を開いて、左メニュー下にあるTwitter>Settingsから画面右上に小さくある「Change」を押してください。

再設定、と言ってもすでにあるデータを使うので以下は簡略的に箇条書きで(すみません)。

Step1
そのままContinue
Step2
昔懐かしコンシューマーキーとコンシューマーシークレットを入力した画面です。ここもそのままSave and Continueで。
Step3
ここだけは再度入力が必要になります。ご自分のTwitterアカウント名を入力してください。
Step4
Twitter連携を再設定します。真ん中のTwitterボタンを押してください。

これでTwitter側で認証を行うと、Twitter設定画面のアプリ連携が「読み書きアクセス」に変更されていると思います。あとはwordpress管理画面のダッシュボード、またはTwitter設定のところからつぶやいたり、wordpressで記事を書けば自動的に更新通知がTwitterに登録されます。

ちょうど当サイトの右サイドバーでTwitter連携している箇所がありますので、それを例に見ていただければ連携の状況がわかるかと思います。

tweetableで読み込みだけしかできなかった方、ぜひお試しください。