All in one SEO Pack: wordpressのSEO対策その3


Logo WordPresswordpressでもテーマによってはSEO対策に必要なキーワード(<meta name=”keyword”>)や記事の説明文(<meta name=”description”>)を設定できるものはありますが、テーマを変えるごとに設定をしなおさなければいけません。その点プラグインに頼れば、いくらテーマを変えて見た目を変えても同じキーワードや説明文を使いまわすことができます。

それを叶えてくれるのが、

All in one SEO Pack というプラグインです。

プラグインのその名の通り、SEO対策に必要な<title>タグやキーワード、説明文を埋め込むことができます。中でも<title>タグは「トップページ」や「カテゴリーごとのページ」といったように細かく設定ができるので、設定するのが大変ですけれど、隅まで届くプラグインになっています。

インストール自体は管理画面から行うことができます。「All in one SEO Pack」と検索して、インストールすれば完了です。

プラグインを有効化すると、例にもれず管理画面の「設定」欄に「All in one SEO」という項目が増えます。…Packはどこ行った!?って感じですけれど :D 各項目の説明は下記の通りです。

<

dl>

I enjoy this plugin and have made a donation
寄付したかどうか。フリーのプラグインとして開発するには皆さんの温かい寄付が必要です。寄付した方はチェックしてください。
Plugin Status
プラグインを有効化してもここを「Enabled」としないときちんとプラグインが動いてくれません。なんでこの項目がなぜあるんだろう・・・?
Home Title
全体的なタイトル。普通はブログ名を入力すればいいと思います。ここに設定した言葉が後々<title>タグで<title>カテゴリー名|タイトル</title>と言うように、タイトルタグの言葉に使われます。
Home Description
トップページに表示する説明文です。日本語では80文字程度が望ましいとされます。
Home Keywords
トップページで使われるキーワードです。<meta name=”keyword”> として使われるため、キーワードは必ずカンマ「,」で区切るようにしてください。
Canonical URLs
正規のURLを作ってくれる・・・らしいですが、うまく説明ができません。ごめんなさいですが、とりあえずチェックで。
Rewrite Titles
設定したタイトルタグを使用するかどうか・・・?とりあえずここもチェックで。だからなんでこの項目があるんだろう。そのためにこのプラグインを使ってるんだけどなぁ。
Post Title Formatなど各フォーマット
各ページでのタイトルタグをどのようにするかです。通常はデフォルトでいいですが、例えば%post_title% | %blog_title% の場合は「記事のタイトル|ブログ名」となります。
SEO for Custom Post Types
不明。チェックはしない