Vmware Playerのインストールと仮想マシンの作成


Windowsの中に仮想マシンを作ることができるソフトウェア「Vmware Player」をインストールします。

  • 開発用のマシンはほしいけど、そのためだけにPCを立てるのはもったいない・お金がない
  • とりあえずWebサーバを立てて、自分の情報を配信したい!
  • PHP、Perl、その他プログラム開発の勉強をしたい

などなど、勉強するにはうってつけのソフトです。

今回は仮想マシンを作って、Linuxの一種「CentOS(64ビット)」環境を作る設定をします。

Vmware Playerのインストール

Vmwareトップ画面

ダウンロードはこちら(http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/overview.html)。インストールはexeファイルを実行するだけで、すぐできます。

インストール完了後Playerを実行すると、左図のような画面が表示されます。

仮想マシンを作成

Vmware、仮想マシン作成

Vmware、仮想マシン作成

Playerの新規仮想マシンの作成をクリックすると、どの方法で仮想マシンにOSをインストールするか決める画面になります。

今回は都合上、後でOSをインストールを選択します。

Vmware、OS選択

Vmware、OS選択

次の画面ではどの種類のOSをインストールするか決めます。今回はLinux環境を作るので、ゲストOsは「Linux」を選び、バージョンは「CentOS 64ビット」をセットします。

その後の環境は好みになりますが、

  • ディスクサイズ:20GB(複数ファイルに分割)
  • ハードウェアをカスタマイズしてメモリを1GBから512MBへ落とす

の2つをセットして仮想マシンを作成します。メモリを落とすのは、ボクの環境がしょぼいからです :?

本格的にOSインストールは次回に続きます。